読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一緒に眠る、ということ

 

 

目が合ったのは ほんの一瞬でしょうか

 

f:id:yoshikawalinen:20170201111653j:image

photo by YUKI YOSHIKAWA

 

全くの初対面なのに
きっと同じことを考えている
そんな気がしてならなかったのです

 

次の瞬間には

付かず離れずの距離を保って
同じそのドアをくぐっていました

 

その先は 会話をすることも
ふたたび目が合うこともなく

 

ただ静かに
目的地に向かうだけの時間が過ぎていきました

 

f:id:yoshikawalinen:20170201112125j:image

 

少し溜まっていた疲れのせいか
気付いたら眠っていたようで

 

幾分すっきりとした頭とは裏腹に
急激な不安が湧き上がります

 

ここは、一体どこなのだろう

 

窓の外は見覚えのある景色で
わたしは慌てて立ち上がると

鞄を抱きかかえたまま

また同じドアへと向かいます

 

まだぐっすりと眠っている
その人をひとり、残して

 

一度だけ振り返りましたが
起きる気配もありません

 

「ごめんね。でもあなたを起こす勇気なんて…」

 

そう自分に言い聞かせて歩き出した足取りは
いつもより随分と速いものでした

 

 f:id:yoshikawalinen:20170201112925j:image

 photo by YUKI YOSHIKAWA

 

 




銀座から乗った

向かいの席のお兄さん…
終点で電車降りたかなぁ(´^p^`)

 

 

※地下鉄丸ノ内線でのお話です

 

【補足】
丸ノ内線は終点駅で5~10分停車後
すぐに折り返し運転をしますので
車掌さんが起こしに来ないんですよ(^^;

 

。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆

Facebook
https://m.facebook.com/yuki.yoshikawa.jp

LINE@
http://line.me/ti/p/@lbp0629s
‪ @lbp0629s

Instagram
https://www.instagram.com/linenju/

最新の写真はこちらへ♡

Twitter
https://mobile.twitter.com/linen_libra

。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆。゜⋆